2017年04月11日

とうとう

浅田真央さんが引退を表明されました。ずっとトップにあって、後進の憧れ。あの笑顔と観客を魅了する佇まいは他の人が真似できないカリスマ性を感じる。選手生活続けるなかでお母さんも他界し、一旦は競技離れて自分を見つめたのではないかと。今のフィギュアスケートはジャンプなしにはあり得ない。彼女の心の糸がスケートへと結ばれなかったのは何となく感じるものがあります。お疲れ様でした。素敵なスケートをありがとうございました。
posted by クローバーの管理人 at 00:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする