2017年04月07日

雨雨降れ降れ

雨は実はあまり好きではない。けれど、農家に生まれた自分にとっては恵みの雨という感覚がある。東京で知り合った劇団30〇のともさんが、管理人の朗読を聞いて「あなたの選ぶ作品たちがわかった。」と言ってくれたけど、自分としてはさして大きな意識もなく季節の移り変わりや読んでみて心に染みる感じがいいなぁなんて気持ちで選んでいるから、著名な大きな作品などは選ばないのが常になってしまっている。しかし前回のクローバー朗読公演では、ひとつ大きな作品を。というリクエストもあったから、クローバーとしてチャレンジも必要なのかな?ともおもう。迷わずに突き進むことは大人になるほど、いろいろ識るほどにややこしくなる。ややこしや、ややこしや。
posted by クローバーの管理人 at 06:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする